OFFICE

【覚えておくと便利】Outlook新しいプロファイルの作成方法【3つのメリット】

困っている人
困っている人
Outlookで新しいプロファイルを作る方法がわりません。初心者にもわかりやすく操作方法を教えて欲しいです。
いさ
いさ
本記事で詳しく解説します!

新しいプロファイルを作成する操作は覚えておくと便利です。

今回は元パソコンサポート担当の僕が、新しいプロファイルの作成方法と作成するメリットを3つ紹介します。

新しいプロファイルの作成方法

新しいプロファイルの作成方法は2種類あります。

  1. Outlookの画面から作成する
  2. コントロールパネルから作成する

トラブルでOutlookが起動できなかった場合でも、コントロールパネルから作成することができるので両方覚えておくと安心です。

①Outlookの画面から作成する

手順①:Outlook画面左上の「ファイル」をクリックする

手順②:「アカウント設定」から「プロファイルの管理」をクリックする

手順③:「プロファイルの表示」をクリックする

手順④:「追加」をクリックする

いさ
いさ
「Outlook」というのが今利用しているプロファイルになります。

手順⑤:「プロファイル名」に名前を入力して「OK」をクリックする

いさ
いさ
プロファイル名はなんでも大丈夫です。今回は「test outlook」というプロファイル名で進めます。

手順⑥:メールアドレスを設定する

メールアドレスの設定についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【2021年最新版】Outlookにメールアドレスを設定する手順メールアドレスの設定には自動設定と手動設定の2種類があり、メールアドレスによって変わってきます。今回は元Microsoftサポートの僕が初心者向けに画像付きでOutlookにメールアドレスを設定する手順を詳しく解説します。...

手順⑦:「常に使用するプロファイル」から「new outlook」を選択、「適用」→「OK」の順番でクリックする

複数のユーザーで利用する場合は「使用するプロファイルを選択する」にチェックを入れましょう。

チェックを入れた場合、Outlook起動時にプロファイルを選択できます。

②コントロールパネルから作成する

手順①:画面左下「ここに入力して検索」に「con」と入力してコントロールパネルを起動する

いさ
いさ
「コントロールパネル」と入力しても起動できます。

手順②:画面右上の「ユーザーアカウント」をクリックする

手順③:「Mail (Microsoft Outlook2016)」をクリック

手順④:メール設定画面が表示されるので、この後は上記の「Outlookの画面から作成する – 手順③」から行います

スポンサーリンク

新しいプロファイルを作成するメリット

新しいプロファイルを作成するメリットを3つ紹介します。

メリット①:複数人で利用することが可能になる

複数人で利用する場合、1つのプロファイルでは設定するメールアドレスも増えてゴチャゴチャになってしましまいます。

そこで各プロファイルを作成すれば、ゴチャゴチャにならず自分だけのOutlookを利用することができます。

なので家内や友達と利用する際はとても便利です(^^)/

いさ
いさ
仕事用とプライベート用に分けて使うことも!

メリット②:再度新しくメールアドレスを設定できる

メールアドレスを追加しすぎたり、フォルダーを作成しすぎたりしてOutlook内がゴチャゴチャになってしまった..
最初からもういっかい設定してスッキリさせたい!

このような場合は新規プロファイルを作成することで解決します。

メリット③:トラブルが起きた時の切り分けができる

Outlookを利用する上でトラブルというのはよく起こります。

「送受信できない」「起動できない」などなど。

そういった場合は内容にもよりますが、新しくプロファイルを作成することで直ることが結構多いです。

以下の内容は新しいプロファイルを作成してみると改善されることがあります。

  • 起動しない
  • 送受信できない
  • 一部の機能が使えない
  • メールアドレスを設定できない など

新しいプロファイルを作成するデメリット

新しいプロファイルの作成は1つだけデメリットがあります。

デメリット:以前のデータを引き継ぎたい場合は、データを持ってくる必要がある

「新しいプロファイルを作成する=完全に新しいOutlookになる」

このようなイメージです。

つまり、以前のデータはそのまま以前のプロファイルに残っている状態です。

1からOutlookを利用するということであれば問題ありませんが、以前のデータを引き継ぎたいという場合はデータを持ってくる必要があります。

こちらの記事でデータ移行について解説しています。

Outlookデータ移行する方法【別のパソコンへデータ移行する】データ移行はパソコンの状態が悪いとトラブルを起こす可能性があります。パソコンが重い方はできるだけ軽くしてから操作しましょう。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookのデータ移行する方法を解説します。...

ストアアプリ版の場合はコントロールパネルから作成できない

Officeにはストアアプリ版とデスクトップアプリ版があります。

  • ストアアプリ版:MSストアからダウンロードされた製品
  • デスクトップ版:インターネットからダウンロードされた製品

ストアアプリ版の場合はコントロールパネルから作成ができないので注意です。

 製品を見分ける方法

「設定」から「アプリ」と進みオレンジ色のアイコンで語尾が「ja-jp」となっているものはデスクトップ版になります。

まとめ

今回は新しいプロファイルの作成方法を紹介しました。

新しいプロファイルの作成には2つの方法がある

  1. Outlook画面から作成する
  2. コントロールパネルから作成する

メリット

  • 複数人で利用できる
  • 再度新しくメールアドレスを設定できる
  • トラブルが起きた時の切り分けができる

デメリット

  • 以前のデータを引き継ぎたい場合は、データを持ってくる必要がある

新しいプロファイルの作成方法をマスターしておくと今後役に立ちます。

本記事が参考になれれば幸いです。

Outlookスタートガイド作りました。

【完全初心者向け】Outlookの設定方法まとめ【スタートガイド】OutlookはOfficeの中でも人気で便利なメールアプリです。今回は元Microsoftサポートの僕が、初心者向けにOutlookの設定、使い方、よくあるトラブルの解決策をすべて紹介します。...
ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。