OFFICE

【2021年最新版】Outlookにメールアドレスを設定する手順

困っている人
困っている人
Outlookでメールアドレスの設定手順がわかりません。初心者にも分かるように教えてほしいです。
いさ
いさ
本記事で詳しく解説していきます!

メールアドレスの設定には自動設定と手動設定の2種類があります。

メールアドレスによって設定方法が変わってきます。

今回は元Microsoftサポートの僕が、初心者向けにOutlookにメールアドレスを設定する手順を詳しく解説します。

メールアドレスを設定する方法

メールアドレスの設定には「自動設定」と「手動設定」の2種類ありますが、メールアドレスによって手動設定しかできないものもあります。

自動設定できるメールアドレス

  • @nifty
  • OCN
  • Gmail
  • Yahoo
  • Microsoftが提供しているメールアドレス など

手動設定のみのメールアドレス

  • Plala
  • So-net
  • J:com
  • 独自ドメイン など
いさ
いさ
自動設定できるメールアドレスは手動設定もできます!

自動設定はメールアドレスとパスワードのみで設定可能ですが、手動設定は下記のメール設定情報が必要になります。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 受信メールサーバー
  • 送信メールサーバー
  • ポート番号
  • ユーザー名

いさ
いさ
メール設定情報が不明な場合はプロバイダーへ確認しましょう。

自動設定する操作手順

「Outlook」を起動します。

設定する「メールアドレス」を入力して「接続」をクリックします。

「パスワード」を入力して「接続」をクリックします。

手動設定する操作手順①

「Outlook」を起動します。

設定する「メールアドレス」を入力して「詳細オプション」から「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れて「接続」をクリックします。

「設定方法」を選択します。

いさ
いさ
基本的に「POP」か「IMAP」のどちらかで設定します。メール設定情報を確認してみましょう!

POPとIMAPの違いを簡単に説明すると下記のとおりです。

  • POP:サーバーにあるメールをOutlookがダウンロードしてくる設定
  • IMAP:サーバーと同期する設定

プロバイダーによってPOP設定に制限があったり、IMAP設定ができないものもあります。

いさ
いさ
plalaはPOP設定に制限があります。

「設定情報」を入力して「次へ」をクリックします。

「パスワード」を入力して「接続」をクリックします。

手動設定する操作手順②

手動設定する操作手順①」で設定できない場合があります。

その場合は、下記の操作「コントロールパネル」から設定します。

「ここに入力して検索」に「con」と入力して「コントロールパネル」をクリックします。

「ユーザーアカウント」をクリックします。

「Mail (Microsoft Outlook 2016)」をクリックします。

「Mail (Microsoft Outlook 2016)」という表示がなかった場合

「Mail (Microsoft Outlook 2016)」の表示がなかった場合は、ストアアプリ版のOfficeがインストールされているのでデスクトップ版へ入れ直しする必要があります。

ストアアプリ版とデスクトップ版の違いは下記のとおりです。

  • ストアアプリ版:Microsoftストアからインストールされた製品
  • デスクトップアプリ版:Microsoftサイトからインストールされた製品

デスクトップ版かストアアプリ版か見分ける方法

「スタートボタン」を右クリックして「アプリと機能」からインストールされているOfficeの後ろに「ja-jp」と表記があればデスクトップ版になります。

ストアアプリ版はセキュリティ面で優れていますが、一部の機能が使えない&フォントの数が少ないのでデスクトップ版がおすすめです。
Office再インストールはこちら

購入したパソコンにもともとインストールされていた場合は、ストアアプリ版である可能性が高いです。

いさ
いさ
正直Officeは「デスクトップ版」一択です!

「プロファイルの表示」をクリックします。

いさ
いさ
既に他のメールアドレスを設定している場合は「電子メールアカウント」から「新規」と進みます!

「追加」をクリックして「プロファイル名」を入力して「OK」をクリックします。

いさ
いさ
今回は例で「TEST」という名前で作成します!

「手動設定」を選択して「次へ」をクリックします。

「POPまたはIMAP」を選択して「次へ」をクリックします。

「設定情報」を入力して「次へ」をクリックします。

各項目の説明が下記のとおりです。

  • 名前:相手に表示される名前です。自由に入力してOKです。
  • 電子メールアドレス:設定するメールアドレスを入力します。
  • 受信メールサーバー:プロバイダーから提供された情報を入力します。
  • 送信メールサーバー:プロバイダーから提供された情報を入力します。
  • アカウント名:プロバイダーから提供された情報を入力します。
  • パスワード:メールアドレスのパスワードを入力します。
  • ポート番号:プロバイダーから提供された情報を入力します。

注意点

「詳細設定」からポート番号を入力しますが、「送信サーバー」にチェックを入れ忘れないよう注意しましょう。

チェックが入っていないと送信ができません。

「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外して「完了」をクリックします。

いさ
いさ
チェックが入っていると設定後にインターネットが立ち上がってしまいます!

「常に使用するプロファイル」を選択して「TEST」に指定、「適用」→「OK」の順でクリックします。

いさ
いさ
「使用するプロファイルを選択する」を選択すると、Outlook起動時にプロファイルの選択画面が表示されます。すぐに起動させたい場合は「常に使用するプロファイル」を選択します!

プロファイルについては「新しいプロファイルの作成方法」で詳しく解説しています。

【覚えておくと便利】Outlook新しいプロファイルの作成方法【3つのメリット】新しいプロファイルを作成する操作は覚えておくと便利です。今回は元パソコンサポート担当の僕が、新しいプロファイルの作成方法と作成するメリットを3つ紹介します。...
スポンサーリンク

Microsoftが提供しているメールアドレスを設定する

Microsoftが提供しているメールアドレスとは、@outlook.jpや@hotmail.comといったメールアドレス(Microsoftアカウント)を差します。

これらは設定後にOutlook.comへサインインして本人確認をしなければ送信ができません。
参考:【初心者向け】Microsoftアカウントの作成方法
参考:【無料のWebメール】Outlook.comの使い方を徹底解説

いさ
いさ
Outlook.comは、Microsoftが提供しているWebメールサービスです。インターネット上からメールを確認することがきできます!
【無料メールアドレス】Microsoftアカウントの作成方法Microsoftの製品を利用している場合、Microsoftアカウントは必要不可欠です。そしてMicrosoftアカウントは複数持っていたほうが安心です。理由は使用しているMicrosoftアカウントにトラブルが起きた場合、修復をするのに別のMicrosoftアカウントが必要になるからです。今回は元Officeサポート担当の僕が、Microsoftアカウントの作り方を解説します。...
【無料Webメール】Outlook.comの使い方【Outlookとの違い】Outlook.comはMicrosoftが提供している無料Webメールサービスで、Microsoftアカウントを作成すれば誰でも無料で利用することができるので便利です。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlook.comの使い方を解説します。...

本人確認をする操作手順

Outlook.comへサインインすることで本人確認ができます。

人によって携帯電話でSMS認証を行ったり、画像を選択したり、画像の文字を入力したりなど本人確認方法が異なります。

インターネットで「Outlook.com」と検索して「Outlook.com – 無料の個人用メール」をクリックします。

画面右上の「サインイン」をクリックしてサインインします。

本人確認を行います。

サインインすると「アカウントを確認する」という画面が表示されるので、画面の指示に従って本人確認を行います。

表示されない場合は、Outlook.comからメールを送信しましょう。送信はOutlook.com画面左上の「新しいメッセージ」から行えます。

Outlook.comから送信することでOutlookで送信できるようになります。

上記の操作が済んでいないと、Outlookからメールを送信しても「配信不能」というリターンメールが返ってきます。
参考:Outlook配信不能で送信できないときの解決策

Outlook配信不能で送信できないときの解決策【配信不能で送信不可】配信不能というメッセージが返ってくる場合は設定しているメールアドレスによって解決方法が変わってきます。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookで配信不能で送信できないときの解決策を紹介します。...

メールアドレスを追加する方法

メールアドレスを追加したい方は、以下の操作で追加することができます。

Outlook画面左上の「ファイル」をクリックします。

「アカウントの追加」をクリックします。

上記の「自動設定する操作手順」もしくは「手動設定する操作手順①」で設定します。

上記の操作で設定できない場合

Outlook画面左上の「ファイル」をクリックします。

「アカウント設定」から「プロファイルの管理」をクリックします。

「電子メールアカウント」をクリックします。

「新規」をクリックします。

下記のとおりです。

  • 自動設定の場合:「電子メールアカウント」を選択して「設定情報」を入力して「次へ」をクリックします。
  • 手動設定の場合:「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」を選択して「次へ」をクリックします。
いさ
いさ
メール設定情報が手元にあれば基本的に「手動設定」からすべてのメールアドレスを設定できます!

下記のとおりです。

まとめ

今回はOutlookにメールアドレスを設定する手順を解説しました。

大事なポイントをまとめると以下のとおりです。

  • メールアドレスの設定にはメール設定情報が必要
  • メール設定情報がわからない場合はプロバイダーへ確認する
  • Microsoftのメールアドレスを設定したらOutlook.comへサインインして本人確認を行う

メールアドレスを設定できたら、自分宛にメールを送信して送受信ができるか確認してみるといいでしょう。

もし送受信できなければこちらの記事で解決策をまとめています。
参考:Outlookでメールが受信できない原因と解決策
参考:Outlookで送信できないときの解決策

Outlookでメールが受信できない原因と解決策【突然受信できなくなった】Outlookで突然メールが受信できなくなったという人は少なくないです。送信ができて受信ができないということであればすぐに改善する可能性は高いです。今回は元Microsoftサポートの僕が、メールが受信できない原因と解決策を紹介します。...
Outlookで送信できないときの解決策【送信トレイに残る】今回はOutlookで送信ができない場合の解消策について解説します。送信ができない場合は色々な原因が考えられます。本記事では僕の知る限り考えられることをすべて書いています。是非参考にしていただけたら嬉しいです。...

本記事が参考になれれば幸いです。

Outlookスタートガイド記事作りました。

【完全初心者向け】Outlookの設定方法まとめ【スタートガイド】OutlookはOfficeの中でも人気で便利なメールアプリです。今回は元Microsoftサポートの僕が、初心者向けにOutlookの設定、使い方、よくあるトラブルの解決策をすべて紹介します。...
ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。