OFFICE

Outlookが起動しないときの解決方法7つ【画像付きで解説】

困っている人
困っている人
急にOutlookが起動しなくなりました。解決方法を教えてほしいです・・。
kyosuke
kyosuke
本記事で解決方法7つを詳しく解説します!
本記事の内容
  • Outlookが起動しないときの7つの解決方法
  • 同じ症状が起きないように対策する
本記事を書いている人
  • isacomputer管理人(@isastart07)
  • 元Microsoftサポート、約2500人のサポート経験あり
  • 本ブログ累計100万PV突破

今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookが起動しないときの7つの解決方法を画像付きで解説します。

Outlookが起動しないという症状はよくあるトラブルの1つです。

本記事内容で解決することがほとんどなので順番に操作していきましょう!

Outlookが起動しないときの解決方法7つ

解決方法7つが下記のとおりです。

  1. パソコンを再起動する
  2. OUTLOOK.EXEを終了する
  3. データファイルを元に戻す
  4. アドインを無効にする
  5. Office Click-To-Runを終了する
  6. 新しいプロファイルを作成する
  7. セキュリティソフトを停止する

順番に解説していきます。

kyosuke
kyosuke
①から順番に行うことをおすすめします。

 

①パソコンを再起動する

まずは、パソコンを再起動してみましょう。

kyosuke
kyosuke
一時的なトラブルは再起動して直るケースが多いので欠かせない操作になります!

ショートカットを使って再起動することができます。

キーボード「Alt」+「F4」を同時に押して表示された画面から再起動を選択して「OK」をクリックします。

kyosuke
kyosuke
「Alt」を押しながら「F4」を押すイメージです!

 

②OUTLOOK.EXEを終了する

「Outlookアイコンをクリックしても反応しない..」というときは、タスクマネージャーから「OUTLOOK.EXE」を終了させることで解決できます。

「OUTLOOK.EXE」とは、通常はOutlook起動時に起動され、Outlookを閉じると同時に消えるものなのですが、たまに残ってしまうことがあります。

残ってしまうとOutlookアイコンをクリックしても「もう既に起動されているよ!」という感じで起動してくれません。

「OUTLOOK.EXE」を終了させる操作手順

デスクトップ画面下の「タスクバー」を右クリックして「タスクマネージャー」をクリックします。

「詳細」の「OUTLOOK.EXE」を選択して「タスクの終了」をクリックします。

「プロセスの終了」をクリックします。

Outlookの起動確認をします。

 

③データファイルを元に戻す

Outlookクリック時に上の画像のような表示がされるときは、「Outlook ファイル」又は「データファイル」を移動、削除してしまった可能性があります。

データファイルを削除してしまったときの操作手順

kyosuke
kyosuke
今回はデータファイルを例に解説します!Outlookファイルでも同じ操作になります。

「ごみ箱」から「データファイル」を右クリックして「元に戻す」をクリックします。

Outlookの起動確認をします。

データファイルを移動してしまったときの操作手順

kyosuke
kyosuke
今回は例でデスクトップに移動してしまった場合の解決方法を解説します!違う場所に移動してしまった場合も同じ操作になります。

「エクスプローラー」を開いて「ドキュメント」から「Outlook ファイル」をクリックします。

kyosuke
kyosuke
タスクバーにエクスプローラーがない場合は、「スタートボタン」を右クリックして「エクスプローラー」をクリックすると開かれます!

デスクトップにある「データファイル」を「Outlook ファイル」へコピーまたは切り取りします。

Outlookの起動確認をします。

データファイルをどこへ移動したか忘れてしまったときの操作手順

移動先を忘れてしまった場合は「エクスプローラー」から検索をかけてみましょう。検索には時間がかかる場合があります。

検索をかけるときは「*.pst」と検索欄に入力すると時短になります。

「*.pst」とは語尾が「pst」で終わる名前を表します。「pst」とはOutlookデータファイルの拡張子というもので、「pstファイル」とも呼びます。

データファイルを完全に削除してしまったときの操作手順

データファイルが見つからなかったときは新規プロファイルから再度メールアドレスを設定することで起動できます。

【覚えると便利】Outlookで新しいプロファイルを作成する方法新しいプロファイルの作成する方法は覚えておくとかなり便利です。元Microsoftサポート担当の僕が新しいプロファイルの作成する方法画像付きで解説しています。...
Outlookにメールアドレスを設定する方法【元Microsoftサポートが解説】メールアドレスの設定には自動設定と手動設定の2種類があり、メールアドレスによって変わってきます。今回は元Microsoftサポートの僕が初心者向けに画像付きでOutlookにメールアドレスを設定する手順を詳しく解説します。...

 

④アドインを無効にする

まず、セーフモードで起動できるか確認します。

kyosuke
kyosuke
セーフモードとは必要最低限の機能でOutlookを起動するという意味です!

セーフモードで起動できれば、アドイン( 追加機能 )がトラブルの原因の可能性が高いのでアドインを無効に設定することで通常モードで起動できるでしょう。

アドインを無効にする操作手順

キーボードの「Ctrl」を押しながら「Outlook」を起動させます。

画像のように表示されるので「はい」をクリックします。

Outlook画面左上の「ファイル」から「オプション」をクリックして「アドイン」から「設定」をクリックします。

アドインのチェックをすべて外して通常モードで起動するか確認します。

kyosuke
kyosuke
チェックをすべて外して起動確認すると間違いないですが、チェックを1つずつ外して起動確認という流れでどのアドインが原因なのか突き止めて問題のアドインだけのチェックを外すというのもありです。

 

⑤Office Click-To-Runを終了する

Outlook起動時に上のような画像が表示されるときは、タスクマネージャーから「Office Click-To-Run」を終了させることで解決する可能性があります。

また、上の画像はOutlookだけでなくExcelやWordといったOffice製品で表示されます。

「Office Click-To-Run」を終了させても解決しなければ、Office製品の再インストールが必要です。

「Office Click-To-Run」を終了させる操作手順

デスクトップ画面下の「タスクバー」を右クリックして「タスクマネージャー」をクリックします。

「プロセス」から「Office Click-To-Run」を選択して「タスクの終了」をクリックします。

Outlookの起動確認をします。

 

⑥新しいプロファイルを作成する

Outlookのプロファイルが破損していると起動することができません。

そのため新しいプロファイルを作成することで起動できる可能性があります。

【覚えると便利】Outlookで新しいプロファイルを作成する方法新しいプロファイルの作成する方法は覚えておくとかなり便利です。元Microsoftサポート担当の僕が新しいプロファイルの作成する方法画像付きで解説しています。...
kyosuke
kyosuke
新しいプロファイルの作成は再度メールアドレスを設定する必要があります。

 

⑦セキュリティソフトを停止する

Outlookはセキュリティソフトが原因でOffice製品が起動できないことがあるので、一度停止して起動確認をしましょう。

停止しても解決しなければ、削除もできれば試したいです。

kyosuke
kyosuke
セキュリティソフトを削除するときは、再度インストールできるかどうか確認してからにしましょう!

 

同じ症状が起きないように対策する

Outlook起動不可に多い原因「Outlook ファイルを誤って削除、移動してしまう」という操作を起こさないために「Outlook ファイル」を隠しファイルに設定すると安心です。

隠しファイルに設定するとエクスプローラー内で「Outlook ファイル」が表示されなくなるので誤操作を防げます。

表示させたい場合は、エクスプローラー内の「表示」から「隠しファイル」にチェックを入れます。

 

「Outlook ファイル」を隠しファイルに設定する

「エクスプローラー」の「ドキュメント」から「Outlookファイル」を右クリックして「プロパティ」をクリックします。

「隠しファイル」にチェックを入れて「適用」→「OK」の順でクリックします。

kyosuke
kyosuke
Outlookを利用する上で「Outlook ファイル」はとても大切です。誤って削除したり移動したりしないよう気を付けましょう!

 

まとめ:正しく使っていてもトラブルは起こる

今回はOutlookが起動しないときの7つの解決方法を紹介しました。

  1. パソコンを再起動する
  2. OUTLOOK.EXEを終了する
  3. データファイルを元に戻す
  4. アドインを無効にする
  5. Office Click-To-Runを終了する
  6. 新しいプロファイルを作成する
  7. セキュリティソフトを停止する

上記のとおり。

解決しなかった場合は、パソコン本体に問題がある可能性もあります。

問題の切り分けを含めて、パソコン修理サービスに確認してもらうと安心です。

【パソコンを修理する】おすすめのパソコン修理サービス3社を比較!「パソコンが故障したので修理に出したいけど、どこに依頼したらいいのだろう・・」とお悩みではありませんか?今回はおすすめのパソコン修理サービス3社を比較します!...
kyosuke
kyosuke
Outlookは正しく使っていてもトラブルは起こるので焦らず対処していきましょう!

今回は以上です。

ABOUT ME
kyosuke
24歳ブロガーです ➡ パソコン関連の記事を初心者の方向けに書いています ➡ おかげさまで本ブログ累計100万PV突破しました!
\ Office初心者の方へ /

Outlook、Excel、Word
効率よく学習できるパソコン教室紹介しています。
ぜひ参考ください(‘◇’)ゞ