OFFICE

Excelが頻繁に固まってしまうときの解決方法【応答なしで固まる】

困っている人
困っている人
Excelファイルが「応答なし」で頻繁に固まってしまいます。解決方法を教えてほしいです。
いさ
いさ
本記事で対処方法を詳しく解説します!
本記事の内容
  • Excelが頻繁に固まってしまうときの解決方法
本記事を書いている人
  • isacomputer管理人(@isastart07)
  • 元Microsoftサポート、約2500人のサポート経験あり
  • 当サイト累計50万PV突破

Excelの操作中に固まってしまう問題はいろいろな原因が考えられます。

本記事ではExcelが頻繁に固まってしまうときの解決方法を初心者の方でも安心して操作できるように画像付きで解説しています。

それでは、いきましょう。

Excelが頻繁に固まってしまうときの解決方法

Excelが固まってしまったときの解決方法が下記のとおり。

  1. パソコンを再起動する
  2. リアルタイムのプレビュー表示機能とハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする
  3. アドインを無効にする
  4. 新しいファイルから「固まるファイル」開く
  5. 内容をコピーして新しいファイルに貼り付ける
  6. ファイルを修復する
  7. Officeをクイック修復する
  8. パソコン修理トサービスに見てもらう

順番に解説していきます。

いさ
いさ
上から順に操作することをおすすめします。

 

①:パソコンを再起動する

Excelファイルが頻繁に固まる、開いたら固まって動かせないという方は、まずパソコンを再起動をさせましょう。

ずっと固まっている方は強制的にパソコンを再起動させると保存できていないデータは消えます。

これはどうすることもできないので、強制的にパソコンを再起動させて本記事の解決方法を試しましょう。

今後固まらないようにすることが大事です。

  • ファイル編集中の方は保存してパソコン再起動へ
  • ずっと固まっているという方も強制的にパソコン再起動を

また、再起動後はすぐにファイルを開かずに数分待ってからファイルを開いて動作確認をしましょう。

いさ
いさ
パソコン起動直後は色々なプログラムが動くので正常にファイルが開かないときがあります。少し時間を置いてから確認すると安全ですよ。

 

②:リアルタイムのプレビュー表示機能とハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする

Excelに負担がかかる機能を無効にすることで解決する可能性があります。

1つずつ解説していきます。

 

リアルタイムのプレビュー表示機能を無効にする方法

Excel画面左上の「ファイル」から「オプション」をクリックします。

「全般」から「リアルタイムのプレビュー表示機能を有効にする」のチェックを外します。

 

グラフィックアクセラレータを無効にする方法

Excel画面左上の「ファイル」から「オプション」をクリックします。

「詳細設定」から「表示」の「ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする」にチェックを入れます。

 

③:アドインを無効にする

アドインとは、Excelというソフトウェアへ機能を追加するプログラムをのことです。

本来のExcelの機能に他社の機能を追加することができて便利ですが、アドインが原因でExcelにトラブルが起こることがよくあります。

以下の操作でアドインを無効に設定して確認してみましょう。

Excel画面左上の「ファイル」から「オプション」をクリックします。

「アドイン」から管理を「COM アドイン」に指定して「設定」をクリックします。

チェックをすべて外して「OK」をクリックします。

 

④:新しいファイルから「固まるファイル」開く

新しいファイルから固まってしまうファイルを開いて確認します。

新しいExcelを開いて「開く」から「参照」をクリック、「問題のファイル」を選択して「開く」をクリックします。

いさ
いさ
解決すればそのままファイルを保存します。

 

⑤:内容をコピーして新しいファイルに貼り付ける

特定のファイルが「応答なし」になる場合、特定のファイルの破損が考えられるのでファイルの内容をすべてコピーして新しいファイルに貼り付けます。

そして新しいファイルでも問題がないか確認しましょう。

問題のファイル画面左上の「▽マーク」をクリックします。

すると下の画像のようにすべて選択されます。

「シート」を右クリックして「コピー」をクリックします。

いさ
いさ
すべて選択されているので、どこを右クリックしても大丈夫です。

新規ファイル上で右クリック後、「貼り付け」をクリック

いさ
いさ
貼り付けの際は画像のように新規ファイルのA1のセルを右クリックして貼り付けます。

 

⑥:ファイルを修復する

特定のファイルが固まってしまう、開かない場合はファイルの破損が考えられます。

ファイルの破損はExcelの修復機能で直るケースも。

新規ファイルを開いて「開く」から「参照」をクリック、「問題のファイル」を選択して「▼マーク」から「開いて修復する」をクリックします。

「修復」をクリックします。

いさ
いさ
修復できなければ同じ操作で「データの抽出」を行ってみましょう。データだけ無事に確保することができるかもしれません。

 

⑦:Officeをクイック修復する

Officeにはクイック修復という機能があります。

ExcelやWordなどの不具合を修復してくれることがあるので実施してみましょう。

「スタートボタン」を右クリックして「アプリと機能」をクリックします。

「Microsoft 365」から「変更」をクリック、「クイック修復」が選択されていることを確認して「修復」をクリックします。

いさ
いさ
ストアアプリ版の場合は「修復」というボタンが表示されます。

「オンライン修復」はOfficeをアンインストールしてしまう場合があります。

実施するときはOfficeのインストールが可能な状態か、Outlookのバックアップはとれているか確認しましょう。

【超簡単】Officeのインストール方法【Office 2022・Microsoft 365】Officeのインストールは簡単にできます。ただインストール方法についてMicrosoft公式サイトを見ると「ちょっとわかりづらい・・」と思う方は結構多いです。ということで今回は元Microsoftサポート担当の僕が、Officeのインストール方法を解説します。...
Outlookのバックアップをとる方法【画像付きで詳しく解説】受信トレイ内のデータは簡単にバックアップをとれますが、仕分けルールと署名のバックアップは操作方法が異なります。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookのバックアップをとる方法を解説します。...

 

⑧:パソコン修理トサービスに見てもらう

①~⑦の内容でも解決できなければ、パソコン自体に問題がある可能性があります。

Excelが正常でもパソコン側に問題があれば固まります

「何が問題で固まるのか?」という問題の切り分けも含めてパソコン修理サービスに確認してもらうと一番安心です。

パソコンサポート経験がある僕がおすすめのパソコン修理サービス2選を紹介パソコンのトラブル系はすぐパソコン修理サービスに依頼したほうが安心です。今回はパソコンサポートの経験がある僕がおすすめのパソコン修理サービス2選を紹介します。...

 

まとめ:ファイルの負担を減らそう

今回はExcelが頻繁に固まってしまうときの解決方法を解説しました。

まとめると下記のとおりです。

  1. パソコンを再起動する
  2. リアルタイムのプレビュー表示機能とハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする
  3. アドインを無効にする
  4. 新しいファイルから「固まるファイル」を開く
  5. 内容をコピーして新規ファイルに貼り付ける
  6. ファイルを修復する
  7. Officeをクイック修復する
  8. パソコン修理サービスに見てもらう

Excelファイルは文字数や画像などが多かったりすると負担がかかるので固まってしまうことがあります。

いさ
いさ
なるべく負担をかけないようデータを複数ファイルに分けたりして使っていきましょう!

それでは、今回は以上です。

ABOUT ME
いさ
Microsoftサポート ➡ ブロガー ➡ 初心者向けにパソコン関連の記事を書いています ➡ おかげさまで当サイト50万PV突破 ➡ WordPress大好き人間です。