OFFICE

Outlookのバックアップをとる方法【画像付きで詳しく解説】

困っている人
困っている人
Outlookデータのバックアップをとる方法を教えてほしいです。データを保護するためにも念のためバックアップをとっておきたいです。
kyosuke
kyosuke
本記事でバックアップ方法を詳しく解説します!
本記事を書いている人
  • isacomputer管理人(@isastart07)
  • 元Microsoftサポート、約2500人のサポート経験あり
  • 本ブログ累計100万PV突破

受信トレイ内のデータは簡単にバックアップをとれますが、仕分けルールと署名のバックアップは操作方法が異なります。

今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookのバックアップをとる方法を解説します。

Outlookのバックアップをとる方法

受信トレイ、仕分けルール、署名でそれぞれバックアップをとる方法が異なります。

  • 受信トレイ
  • 仕分けルール
  • 署名

この3つのバックアップを取る方法を解説していきます。

 

受信トレイ、連絡先、予定表のバックアップをとる

Outlookの受信トレイ、連絡先、予定表は簡単にまとめてバックアップがとれます。

データファイル(pstファイル)というところにすべて保存されているので、データファイルをデスクトップやUSBに保存します。

今回は例でデスクトップに貼り付けます。

kyosuke
kyosuke
「送信済みアイテム」や「下書き」といったところも同時にバックアップがとれます!

バックアップをとる操作手順

「スタートボタン」を右クリックして「エクスプローラー」をクリックします。

「ドキュメント」にある「Outlook ファイル」を右クリックして「コピー」をクリックします。

「デスクトップ上」で右クリックして「貼り付け」をクリックします。

ドキュメントに「Outlookファイル」が無かった場合は隠しファイルに設定されている可能性があります。

エクスプローラーの「表示タブ」から「隠しファイル」にチェックを入れて確認してみましょう。

kyosuke
kyosuke
操作が終わったら再度「隠しファイル」にチェックを入れましょう!

 

一部のバックアップをとる

Outlookは「受信トレイだけ!」「連絡先だけ!」というように個別にバックアップをとることができます。

一部のバックアップをとる操作手順

Outlook画面左上の「ファイル」をクリックして「開く/エクスポート」から「インポート/エクスポート」をクリックします。

「ファイルにエクスポート」を選択して「次へ」をクリックします。

「Outlook データファイル」を選択して「次へ」をクリックします。

エクスポートしたいアイテムを選択して「次へ」をクリックします。

少し長いので下記にまとめました。

  1. 「参照」をクリックします。
  2. 「デスクトップ」を指定します。
  3. 「ファイル名」を入力します。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. 「完了」をクリックします。

kyosuke
kyosuke
デスクトップじゃなくてUSBや外付けHDを指定しもOKです!

 

仕分けルールのバックアップをとる

仕分けルールは通常の操作ではバックアップがとれません。

下記の手順でバックアップをとる必要があります。

仕分けルールのバックアップをとる操作手順

「ルール」から「仕分けルールと通知の管理」をクリックします。

少し長いので下記にまとめました。

  1. 「オプション」をクリックします。
  2. 「仕分けルールをエクスポート」をクリックします。
  3. 「保存先」(デスクトップ)を指定します。
  4. 「ファイル名」を入力します。
  5. 「保存」をクリックします。

kyosuke
kyosuke
別パソコンに移行する際は「仕分けルールをインポート」をクリックしてバックアップをとったデータを指定します!

 

署名のバックアップをとる

署名はエクスプローラーからバックアップがとれます。

署名のバックアップをとる操作手順

「スタートボタン」を右クリックして「エクスプローラー」をクリックします。

「表示」から「隠しファイル」にチェックを入れます。

下記のパスをアドレスバーに入力して「→」をクリックします。

C:/Users/(ユーザー)/AppData/Roaming/Microsoft/Signatures

kyosuke
kyosuke
上記のパスをコピー&ペーストして「ユーザー」だけ編集すると楽です!

「ユーザー名」が不明な場合は「Windows(C)」から「ユーザー」で確認できます。

「作成した署名の名前」をすべてコピーして「USB」や「外付けHD」などに貼り付けることでバックアップ完了です。

kyosuke
kyosuke
誤って切り取ったり削除してしまうと署名が消えてしまうので注意です。

 

まとめ:念のためバックアップをとろう!

今回はOutlookのバックアップをとる方法を解説しました。

まとめると下記のとおりです。

バックアップはデータ移行するときに必要な操作になるので覚えておいて損はないです。

Outlookのデータ移行する方法を解説【別パソコンに移行する】今回はOutlookでデータ移行する方法を解説します。初めてOutlookのデータ移行をする方向けに、本記事では画像付きで操作手順を解説していますので初心者の方でも安心して進められます。...

今回は以上です。

Outlook初心者の方でも安心して学べるおすすめの本を3つ紹介しています。

【元Officeサポートが紹介】Outlookのおすすめの本3選今ではOutlookの本がたくさんありますが、わかりづらい本もたくさんあります。本記事で紹介する本は初心者の方に優しく、わかりやすいものを厳選しました。本記事は1分程度で読み終わると思います。...

Outlookスタートガイド作りました。

【初心者向け】Outlookの基本設定と使い方【スタートガイド】Outlookを始めて使う方やパソコン初心者の方でOutlookの設定や使い方などに苦戦する方も多いと思います。そこで今回は元Microsoftサポートの僕が完全初心者向けにOutlookの設定や使い方、よくあるトラブルの解決方法をまとめたスタートガイドを作成しました!...
ABOUT ME
kyosuke
24歳ブロガーです ➡ パソコン関連の記事を初心者の方向けに書いています ➡ おかげさまで本ブログ累計100万PV突破しました!
\ Office初心者の方へ /

Outlook、Excel、Word
効率よく学習できるパソコン教室紹介しています。
ぜひ参考ください(‘◇’)ゞ