OFFICE

Outlookでメールを自動で振り分ける方法を解説【仕分けルール】

困っている人
困っている人
Outlookに受信したメールを自動で振り分ける方法が知りたいです・・
kyosuke
kyosuke
本記事でメールを振り分ける設定を詳しく解説します!
本記事の内容
  • 受信したメールを自動で振り分ける方法
  • 迷惑メールを振り分ける方法
本記事を書いている人
  • isacomputer管理人(@isastart07)
  • 元Microsoftサポート、約2500人のサポート経験あり
  • 本ブログ累計100万PV突破

「Outlookでメールを自動で振り分ける設定方法がわからない・・」とお悩みではありませんか?

今回はOutlookでメールを自動で振り分ける方法を解説します!

Outlookでは「仕分けルール」という機能を使えば、特定の条件に一致しているメールを自動で振り分けてくれます。

kyosuke
kyosuke
画像付きで解説していますので、初心者の方でもスムーズに設定できますよ!

それでは、いきましょう。

受信したメールを自動で振り分ける方法

振り分けは仕分けルールから設定します。

仕分けルールの設定は下の画像のように「仕分けルールの作成」と「仕分けルールと通知の管理」の2つが表示されます。

どちらからでも設定できますが「仕分けルールと通知の管理」から設定するのをおすすめします。

kyosuke
kyosuke
「仕分けルールの作成」画面はわかりづらいんですよね。
  1. 特定の相手から受信したら振り分ける
  2. 件名に特定の文字が含まれていたら振り分ける
  3. 添付ファイルがある場合は振り分ける
  4. フラグがある場合は振り分ける

上記4つを順番に解説していきます。

①:特定の相手から受信したら振り分ける

設定方法

手順①:「ホーム」の「ルール」から「仕分けルールと通知の管理」をクリックします。

手順②:「新しい仕分けルール」をクリックします。

手順③:「受信メッセージにルールを適用する」を選択して「次へ」をクリックします。

手順④:「差出人が名前/パブリックグループの場合」を選択して「名前/パブリックグループ」をクリックします。

手順⑤:差出人を指定して「OK」をクリックします。

手順⑥:「次へ」をクリックします。

手順⑦:手順が多いのでまとめました。

  1. 「指定フォルダーへ移動する」を選択
  2. 「指定」をクリック
  3. 「移動先のフォルダー」を選択
  4. 「OK」をクリック
  5. 「完了」をクリック

手順⑧:以下のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

手順⑨:「適用」→「OK」の順でクリックします。

②:件名に特定の文字が含まれていたら振り分ける

設定方法

手順①:「手順①~③」で仕分け設定画面を出します。

手順②:手順が多いのでまとめました。

  1. 「件名に特定の文字が含まれる場合」を選択
  2. 「特定の文字」をクリック
  3. 「件名に含まれる文字」を入力する
  4. 「追加」をクリック
  5. 「OK」をクリック
  6. 「次へ」をクリック

手順③:「手順⑦~⑨」で設定を適用させます。

③:添付ファイルがある場合は振り分ける

設定方法

手順①:「手順①~③」で仕分け設定画面を出します。

手順②:「添付ファイルがある場合」を選択して次へ」をクリックします。

kyosuke
kyosuke
「添付ファイルがある場合」は少し下のほうにあります。

手順③:「手順⑦~⑨」で設定を適用させます。

④:フラグがある場合は振り分ける

設定方法

手順①:「手順①~③」で仕分け設定画面を出します。

手順②:手順が多いのでまとめました。

  1. 「次にフラグが付いている場合」を選択
  2. 「フラグの内容」をクリック
  3. 「OK」をクリック
  4. 「次へ」をクリック

フラグの内容は選択することができます。

手順③:「手順⑦~⑨」で「迷惑メールフォルダー」を指定して設定を適用させます。

迷惑メールを振り分ける方法

メールを利用していると迷惑メールが受信されることがあります。

迷惑メールも仕分けルールから振り分けたり、削除したりすることができます。

迷惑メールフォルダーへ振り分ける

迷惑メールの振り分けで有効な設定が以下のとおりです。

kyosuke
kyosuke
迷惑メールの差出人や件名を確認していずれかを設定しておくと安心です。

最近では、アドレスの一部を変更して送信してくるところもあります。

その場合はこれから解説する「迷惑メールの差出人のアドレスに特定の文字が含まれる場合は振り分けるの設定がおすすめです。

差出人のアドレスに特定の文字が含まれる場合は振り分ける設定方法

手順①:「手順①~③」で仕分け設定画面を出します。

手順②:手順が多いのでまとめました。

  1. 「差出人のアドレスに特定の文字が含まれる場合」を選択
  2. 「特定の文字」をクリック
  3. 「差出人のアドレスに含まれる文字」を入力
  4. 「追加」をクリック
  5. 「OK」をクリック
  6. 「次へ」をクリック

手順③:「手順⑦~⑨」で設定を適用させます。

受信した時点で削除する

設定方法

手順:「手順⑦~⑨」のところで「削除する」を選択します。

  • 削除する:ゴミ箱に振り分けられます
  • 削除する(復元できません):完全に削除されます

詳しい迷惑メール設定は「Outlookで迷惑メール対策!設定方法を紹介します【難しい操作はありません】」で解説しています。

Outlookで迷惑メール対策する3つの設定方法【5分でできる】最近の迷惑メールは相手にしっかり受信されるようにメールアドレスの一部変更して送信してきたりします。Outlookではかんたんに迷惑メール対策ができるので本記事を参考に最低限設定しておいたほうが安心です。...

まとめ:仕分けルールで振り分けよう

今回はよく使う振り分け設定を解説しました。

  • 受信したメールを振り分ける設定方法
  • 件名に特定の文字が含まれていたら振り分ける
  • 添付ファイルがある場合は振り分ける
  • フラグがある場合は振り分ける

特に上2つの設定はとても便利なので覚えておきたいです。

また、仕分けルールはバックアップをとることができます。

Outlookのバックアップについては「Outlookのバックアップをとる方法【3つの方法を紹介】」で詳しく解説しています。

Outlookのバックアップをとる方法【画像付きで詳しく解説】受信トレイ内のデータは簡単にバックアップをとれますが、仕分けルールと署名のバックアップは操作方法が異なります。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookのバックアップをとる方法を解説します。...

今回は以上です。

Outlook初心者の方でも安心して学べるおすすめの本を3つ紹介しています。

【元Officeサポートが紹介】Outlookのおすすめの本3選今ではOutlookの本がたくさんありますが、わかりづらい本もたくさんあります。本記事で紹介する本は初心者の方に優しく、わかりやすいものを厳選しました。本記事は1分程度で読み終わると思います。...

Outlookスタートガイド作りました。

【初心者向け】Outlookの基本設定と使い方【スタートガイド】Outlookを始めて使う方やパソコン初心者の方でOutlookの設定や使い方などに苦戦する方も多いと思います。そこで今回は元Microsoftサポートの僕が完全初心者向けにOutlookの設定や使い方、よくあるトラブルの解決方法をまとめたスタートガイドを作成しました!...
ABOUT ME
kyosuke
24歳ブロガーです ➡ パソコン関連の記事を初心者の方向けに書いています ➡ おかげさまで本ブログ累計100万PV突破しました!
\ Office初心者の方へ /

Outlook、Excel、Word
効率よく学習できるパソコン教室紹介しています。
ぜひ参考ください(‘◇’)ゞ