OFFICE

Outlook配信不能で送信できないときの解決策【配信不能で送信不可】

困っている人
困っている人
メールアドレスを設定しましたが「配信不能」や「0x00~」というリターンメールが届いてしまい送信できません。解決方法を教えてほしいです。
いさ
いさ
本記事で解決策を詳しく解説します。

配信不能というメッセージが返ってくる場合は設定しているメールアドレスによって解決方法が変わってきます。

今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookで配信不能で送信できないときの解決策を紹介します。

配信不能で送信できないときの解決策

配信不能の解決策は設定されているメールアドレスによって変わります。

  • Microsoftが提供しているメールアドレス:本人確認をする
  • その他メールアドレス:再設定、セキュリティソフト停止

各解決策を解説します。

本人確認をする

Microsoftが提供しているメールアドレスで送信できない場合は本人確認が必要です。

Microsoftが無償で提供しているメールアドレスとは以下のとおりです。

  • @outlook.jp
  • @outlook.com
  • @hotmail.com

上記メールアドレスをOutlookで使う場合は本人確認が必要になります。
参考:【初心者向け】Microsoftアカウントの作成方法【Microsoftアカウントの使い道とは】

本人確認を行う方法

本人確認を行うにはOutlook.comへサインインします。

本人確認は、携帯電話番号へショートメールを送信して届いたコードを画面に入力するという流れになります。

他には「画像を正しい位置に調整する」ということもあります。

Outlook.comとはMicrosoftが提供している無料Webメールサービスです。

インターネットで「Outlook.com」と検索して「Outlook.com – 無料の個人用メール」をクリックします。

右上に表示される「サインイン」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力してサインインすると「アカウントを確認する」という画面が表示されるので画面の指示に従います。

「アカウントを確認する」という画面で電話番号の入力を求められたら必ず携帯電話の番号を入力してください。

固定電話ではショートメールを受け取ることができません。

「アカウントを確認する」が表示されなかった場合

Outlook.comへサインインしても「アカウントを確認する」という画面が表示されないという人もいるようです。

表示がなかった場合はOutlook.com上からメールを送信してみましょう。

送信することで「アカウントを確認する」画面が表示されます。表示されなくてもOutlookで送信できるようになるケースもあります。
参考:【無料のWebメール】Outlook.comの使い方を徹底解説【Outlookとの違いとは】

いさ
いさ
時間差で「アカウントを確認する」画面が表示されることもあるみたいなので、表示されなかった場合は数分待ってみましょう。

Internet Explorerご利用の場合、正しくOutlook.comのページが表示されないことがあります。

正しく表示されない場合は「Microsoft Edge」や「Google Chrome」からOutlook.comへサインインしましょう。

新しいプロファイルを作成してメールアドレスを再設定する

Microsoftが提供しているメールアドレス以外で送信だけできない場合は、設定に誤りがあるかプロファイル破損の可能性があります。

新しいプロファイルを作成してメールアドレスを再設定してみましょう。
参考:【覚えておくと便利】Outlook新しいプロファイルの作成方法
参考:【2021年最新版】Outlookにメールアドレスを設定する手順【初心者向け】

メールの設定情報がわからない、再設定しても送信できないという方はご利用のプロバイダーへ確認しましょう。

セキュリティソフトを停止する

上記でも改善されない場合はセキュリティソフトが原因かもしれません。

セキュリティソフトが過剰に反応してしまい送信を妨げることはよくあります。

一度停止して様子を見てみましょう。

セキュリティソフトはどうしても導入したいという方は以下がおすすめです。

  • おすすめ!世界で一番売れているーノートン:大定番のセキュリティソフト。ダウンロード版で何回でも入れ直しできます。
  • ウイルスバスター クラウドでセキュリティ対策!:こちらも大定番。7年連続販売本数1位のセキュリティソフトです。

ノートンとウイルスバスターは停止や再インストールが楽なのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はOutlookで配信不能で送信できないときの解決策を紹介しますした。

まとめると以下のとおりです。

  • 本人確認をする
  • 新しいプロファイルを作成してメールアドレスを再設定する
  • セキュリティソフトを停止する

Microsoftが提供しているメールアドレスをOutlookで利用するにはOutlook.comへサインインして本人確認を行わなければならないというのが大事なポイントです。

その他メールアドレスは新しいプロファイルから再設定、セキュリティソフトの停止を行ってみましょう。

本記事が参考になれれば幸いです。

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。