OFFICE

【無料Webメール】Outlook.comの使い方【Outlookとの違い】

困っている人
困っている人
Outlook.comの使い方を教えてほしいです。またOutlook.comとOutlookの違いは何でしょうか?
いさ
いさ
本記事で詳しく解説します!

Outlook.comはMicrosoftが提供している無料Webメールサービスで、Microsoftアカウントを作成すれば誰でも無料で利用することができるので便利です。

Webメールなのでアプリをインストールしなくてもインターネット上でメールのやり取りを行えるのが特徴です。

いさ
いさ
別のパソコンからでも同じMicrosoftアカウントを使って簡単にメールを確認できます。

今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlook.comの使い方を徹底解説します。

Outlook.comを利用するための事前準備

Microsoftアカウントを作成する

Outlook.comを利用するためにはMicrosoftアカウントを作成する必要があります。

Microsoftアカウントは既存のメールアドレスまたは新しいメールアドレスから簡単に作成できます。作成方法については「Microsoftアカウントの作成方法」で詳しく解説しています。

【無料メールアドレス】Microsoftアカウントの作成方法Microsoftの製品を利用している場合、Microsoftアカウントは必要不可欠です。そしてMicrosoftアカウントは複数持っていたほうが安心です。理由は使用しているMicrosoftアカウントにトラブルが起きた場合、修復をするのに別のMicrosoftアカウントが必要になるからです。今回は元Officeサポート担当の僕が、Microsoftアカウントの作り方を解説します。...

Outlook.comへサインインする

手順①:インターネットブラウザを開いてURL欄に「outlook.com」と入力して「Enter」を押す

手順②:「サインイン」をクリック

手順③:作成したMicrosoftアカウントでサインインします

サインイン後Outlook.comの画面が開かれます。

本人確認する

サインイン後に「アカウントを確認する」という画面が表示されることがあります。

表示された場合は画面の指示に従って進めてください。

いさ
いさ
携帯電話で認証コードを受け取ったり、指定された画像を選択したりなど確認方法はいくつかあります。

本人確認が行えていないとOutlook.comとOutlook両方で送信ができません。

Outlookで送信ができない方は「Outlookで送信ができない場合の解決策」に解決方法を書いているので是非。

Outlookで送信できないときの解決策【送信トレイに残る】今回はOutlookで送信ができない場合の解消策について解説します。送信ができない場合は色々な原因が考えられます。本記事では僕の知る限り考えられることをすべて書いています。是非参考にしていただけたら嬉しいです。...
スポンサーリンク

Outlook.comの使い方

新しいメールの作成方法

手順①:Outlook.com画面左上の「新しいメッセージ」をクリックします。

手順②:右側に「宛先・件名・本文」の入力欄が表示されるので入力して送信します。

連絡先の作成方法

手順①:Outlook.com画面左下の「人マーク」をクリックします。

手順②:Outlook.com画面左上の「新しい連絡先」をクリックします。

手順③:連絡先情報を入力して「作成」をクリックします。

すると下の画像のように連絡先が作成できます。

予定の追加方法

手順①:Outlook.com画面左下の「カレンダーマーク」をクリックします。

手順②:Outlook画面左上の「新しいイベント」から「予定のタイトル・日付・説明(詳細)」を入力して「保存」をクリックします。

すると下の画像のように予定を追加できます。

テーマの変更方法

手順①:Outlook.com画面右上の「⚙マーク」から「テーマ」を選びます。

下の画像のようにいろいろなテーマに変更することができます。

ダークモードに切り替えることもできます。

Outlook.comのサポートを受ける方法

Outlook.comにはメールサポートがあります。

操作方法が不明な場合やトラブルが起きた場合は以下の方法でサポートを受けましょう。

手順①:Outlook.com画面右上の「?マーク」から「検索欄」にキーワードを入力します。

手順②:検索結果で解決しなかった場合は「はい」をクリックします。

手順③:「お問い合わせ内容」を入力して「送信」をクリックします。

いさ
いさ
Microsoftアカウント宛てにメールで回答が届きます。

Outlook.comとOutlookの違い

違い①:データの保管場所

Outlook.comとOutlookの大きな違いはデータの保管場所です。

  • Outlook.com:Microsoftのサーバー上
  • Outlook:自分のパソコン内

Outlook.comはMicrosoftが提供しているWebメールサービスなのでMicrosoftのサーバーでデータが保管されています。

Microsoftのサーバーにデータを保管するメリットは別のパソコンやスマホからデータを確認することができることです。

いさ
いさ
誰でもメールを確認できるわけではなく、Microsoftアカウントとパスワードが必要なので第三者に見られることはないのです。

Outlookは完全に自分のパソコン内にデータが保存されるので、自分のパソコンでのみメールの確認ができます。

つまりMicrosoftにデータを預けて別の端末からメールを確認できるようにするか、Outlookを使って自分のパソコンだけでメールを確認するかの違いです。

違い②:メールボックスの容量

Outlook.comとOutlookはメールボックスの容量が異なります。

  • Outlook.com:15GB
  • Outlook:50GB

このように容量が異なりますが、Outlook.comをプレミアム版(Microsoft 365 Personal)に移行すると50GBまで容量が増えます。

移行するメリットは下記のとおりです。

  • 最新のOfficeをパソコンにインストールできる
  • OneDriveの容量を5GBから1TBまで拡張できる
  • Skypeで携帯電話、固定電話に毎月60分無料で通話できる
  • 広告がなくなる
  • セキュリティが強化される

プレミアム版にするには、作成したMicrosoftアカウントで「Microsoft 365 Personal」を購入(契約)する必要があります。
Microsoft 365 Personalの購入はこちら

まとめ

今回はOutlook.comの使い方を解説しました。

Outlook.comは複数の端末でメールを確認したい方に向いています。

無料版Outlook.comは容量が15GBなので、頻繁に使う人はMicrosoft 365 Personalへの移行も視野に入れておくといいでしょう。

本記事が参考になれれば幸いです。

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。