OFFICE

【無料Webメール】Outlook.comの使い方【Outlookとの違い】

困っている人
困っている人
Outlook.comの使い方を教えてほしいです。またOutlook.comとOutlookの違いは何でしょうか?
kyosuke
kyosuke
本記事で詳しく解説します!
本記事の内容
  • Outlook.comとOutlookの違い
  • Outlook.comを利用するための事前準備
  • Outlook.comの使い方
本記事を書いている人
  • isacomputer管理人(@isastart07)
  • 元Microsoftサポート、約2500人のサポート経験あり
  • 本ブログ累計100万PV突破

「Outlook.comの使い方がわからない・・」とお悩みではありませんか?

今回はOutlook.comの使い方を徹底解説します。

Outlook.comはMicrosoftが提供している無料Webメールサービスで、Microsoftアカウントを作成すれば誰でも無料で利用することができるので便利です。

kyosuke
kyosuke
Webメールなのでアプリをインストールしなくてもインターネット上でメールのやり取りができます!

「Outlook.comの使い方をすぐ知りたい!」という方は、「Outlook.comの使い方」をクリックしてください。

Outlook.comとOutlookの違いとは?

Outlook.comとOutlookの大きな違いは下記のとおりです。

  1. データの保管場所
  2. メールボックスの容量

順番に解説しますね。

違い①:データの保管場所

Outlook.comとOutlookの大きな違いはデータの保管場所です。

  • Outlook.com:Microsoftのサーバー上
  • Outlook:自分のパソコン内

Outlook.comはMicrosoftが提供しているWebメールサービスなのでMicrosoftのサーバーでデータが保管されています。

Microsoftのサーバーにデータを保管するメリットは、別のパソコンやスマホからデータを確認することができる点です。

kyosuke
kyosuke
誰でもメールを確認できるわけではなく、Microsoftアカウントとパスワードが必要なので第三者に見られることはないです!

Outlookは完全に自分のパソコン内にデータが保存されるので、自分のパソコンでのみメールの確認ができます。

Outlook.com
  • 別の端末(PCやスマホなど)からメールを確認できる
Outlook
  • 自分のパソコンだけでメールを確認できる

このようなイメージです。

違い②:メールボックスの容量

Outlook.comとOutlookはメールボックスの容量が異なります。

  • Outlook.com:15GB
  • Outlook:50GB

このように容量が異なりますが、Outlook.comをプレミアム版(Microsoft 365 Personal)に移行すると50GBまで容量が増えます。

移行するメリットは下記のとおりです。

  • 最新のOfficeをパソコンにインストールできる
  • OneDriveの容量を5GBから1TBまで拡張できる
  • Skypeで携帯電話、固定電話に毎月60分無料で通話できる
  • 広告がなくなる
  • セキュリティが強化される

プレミアム版に移行するには、作成したMicrosoftアカウントで「Microsoft 365 Personal」と契約します。
Microsoft 365 Personalはこちら

Outlook.comを利用するための事前準備

Outlook.comを利用するには、2つのステップを済ませる必要があります。

  1. Microsoftアカウントを作成する
  2. Outlook.comにサインインして本人確認をする

上記のとおり。

①:Microsoftアカウントを作成する

Outlook.comを利用するためにはMicrosoftアカウントを作成する必要があります。

Microsoftアカウントは既存のメールアドレスまたは新しいメールアドレスから簡単に作成できます。作成方法については「Microsoftアカウントの作成方法」で詳しく解説しています。

【無料のメールアドレス】Microsoftアカウントの作成方法「Microsoftアカウントの作り方がわからない・・」とお困りではありませんか?今回は元Officeサポート担当の僕が、Microsoftアカウントの作成方法を解説します。...

②:Outlook.comへサインインする

手順①:インターネットブラウザを開いてURL欄に「outlook.com」と入力して「Enter」を押す

手順②:「サインイン」をクリック

手順③:作成したMicrosoftアカウントでサインインします

サインイン後Outlook.comの画面が開かれます。

手順④:本人確認する

初めてサインインした方は、「アカウントを確認する」という画面が表示されます。

表示されたら、画面の指示に従って進めてください。

人によって本人確認の方法が違います。

  1. 携帯電話で認証コードを受け取る
  2. 指定された画像を選択する

上記のとおり。

kyosuke
kyosuke
本人確認をしないと、Outlook.comとOutlook両方で送信ができないので必ずしましょう!

本人確認をしてもOutlook側が送信ができない方は「Outlookで送信ができない場合の解決方法」に解決方法を書いています。

Outlookで送信できないときの解決方法まとめ【送信トレイに残る】Outlookで送信できない原因はいろいろ考えられます。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookで送信できないときの解決策を紹介します。...

Outlook.comの使い方

  1. 新しいメールの作成方法
  2. 連絡先の作成方法
  3. 予定の追加方法
  4. テーマの変更方法
  5. Outlook.comのサポートを受ける方法

上記5つを解説します。

①:新しいメールの作成方法

手順①:Outlook.com画面左上の「新しいメッセージ」をクリックします。

手順②:右側に「宛先・件名・本文」の入力欄が表示されるので入力して送信します。

②:連絡先の作成方法

手順①:Outlook.com画面左下の「人マーク」をクリックします。

手順②:Outlook.com画面左上の「新しい連絡先」をクリックします。

手順③:連絡先情報を入力して「作成」をクリックします。

すると下の画像のように連絡先が作成できます。

③:予定の追加方法

手順①:Outlook.com画面左下の「カレンダーマーク」をクリックします。

手順②:Outlook画面左上の「新しいイベント」から「予定のタイトル・日付・説明(詳細)」を入力して「保存」をクリックします。

すると下の画像のように予定を追加できます。

④:テーマの変更方法

手順①:Outlook.com画面右上の「⚙マーク」から「テーマ」を選びます。

下の画像のようにいろいろなテーマに変更することができます。

ダークモードに切り替えることもできます。

⑤:Outlook.comのサポートを受ける方法

Outlook.comにはメールサポートがあります。

操作方法が不明な場合やトラブルが起きた場合は以下の方法でサポートを受けましょう。

手順①:Outlook.com画面右上の「?マーク」から「検索欄」にキーワードを入力します。

手順②:検索結果で解決しなかった場合は「はい」をクリックします。

手順③:「お問い合わせ内容」を入力して「送信」をクリックします。

kyosuke
kyosuke
Microsoftアカウント宛てにメールで回答が届きます。

まとめ:Outlook.comは誰でも無料で利用できる!

今回はOutlook.comの使い方を解説しました。

Outlook.comは複数の端末でメールを確認したい方に向いています。

ただ、無料版Outlook.comは容量が15GBです。

頻繁にやり取りする方や添付ファイル付きのメールをやり取りする方は、Microsoft 365 Personalへ移行することで快適に利用できます。

それでは今回は以上です。

Outlook初心者の方でも安心して学べるおすすめの本を3つ紹介しています。

【元Officeサポートが紹介】Outlookのおすすめの本3選今ではOutlookの本がたくさんありますが、わかりづらい本もたくさんあります。本記事で紹介する本は初心者の方に優しく、わかりやすいものを厳選しました。本記事は1分程度で読み終わると思います。...

Outlookスタートガイド作りました。

【初心者向け】Outlookの基本設定と使い方【スタートガイド】Outlookを始めて使う方やパソコン初心者の方でOutlookの設定や使い方などに苦戦する方も多いと思います。そこで今回は元Microsoftサポートの僕が完全初心者向けにOutlookの設定や使い方、よくあるトラブルの解決方法をまとめたスタートガイドを作成しました!...
ABOUT ME
kyosuke
24歳ブロガーです ➡ パソコン関連の記事を初心者の方向けに書いています ➡ おかげさまで本ブログ累計100万PV突破しました!
\ Office初心者の方へ /

Outlook、Excel、Word
効率よく学習できるパソコン教室紹介しています。
ぜひ参考ください(‘◇’)ゞ