OFFICE

【初心者向け】OneNoteの使い方【PCとスマホで共有できる】

OneNoteはパソコン初心者でも簡単に使えるアプリなのでしょうか?
いさ
いさ
使えます!本記事で画像付きで詳しく解説しますね。

OneNoteはWindows10のパソコンに元々インストールされているアプリで無料で誰でも使うことができます。

OneNoteは「ここに入力して検索」に「one」と入力すると上部に表示されます。

とても便利なアプリなので本記事で使い方をマスターしちゃいましょう!

OneNoteの使い方

本記事では基本的な使い方を紹介します。

  • 初期設定
  • メモを整理する
  • 文字を装飾する
  • キーワード検索をする

上記のとおりです。

順番に解説していきます。

初期設定

まずはOneNoteを使える状態にセッティングします。

1.「ここに入力して検索」に「one」と入力してOneNoteを起動

2.「個人用Microsoft アカウント」をクリック

3.Microsoftアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」をクリック

isa
isa
パスワードの入力画面も表示されます。

4.セッティング完了

次にオートコレクトをオフに設定します。

オンになっていると、アルファベットを入力したときに先頭の文字が大文字になってしまいます。大文字は手入力で簡単に行えるのでオフを推奨します。

1.OneNote画面右上の「…」から「設定」をクリック

2.「オプション」をクリック

3.オートコレクトを「オフ」に設定

isa
isa
オプション画面の下の方に「オートコレクト」の項目があります。

4.設定完了、OneNoteを再起動します。

メモを整理する

OneNoteでは簡単にメモを整理することができます。

メモをとる前、とった後でも大丈夫なので、下の画像のところから「セクション」や「ページ」を追加して整理しましょう。

またセクション名は右クリックして変更することができます。

上記の操作でセクションやページを追加したり、名前を変更することで見栄えがキレイになります。

下の画像が例になります。

こんな感じでセクションやページを追加してまとめていくと使いやすいです。

文字を装飾する

ExcelやWordのように上部のボタンから文字を装飾することも可能です。

色を付けてメリハリをつけるのもいいですね。

キーワード検索をする

メモを大量にとると特定のキーワードを探すことが困難になることがあります。

そういった場合は、検索機能で簡単に探すことができます。

「🔎」をクリックして検索欄に特定のキーワードを入力します。

いさ
いさ
検索すると特定のキーワードに色が付きます。

OneNoteの便利な機能

OneNoteには便利な機能がたくさんあります。

その中から個人的に「これは便利!」と感じた機能が以下の3つです。

  • 箇条書き
  • テンプレート
  • PCとスマホの同期

順番に解説していきます。

箇条書き

文字列を選択してワンクリックで箇条書きにすることができます。

箇条書きにすることで文字列がまとまり見やすくなります。

いさ
いさ
改行しても箇条書きになります。2回連続で改行すると箇条書き機能が外れます。

テンプレート

1つの型となるページを作成することで、毎回作成する手間を省くことができます。

例で下の画像のような表をテンプレートに設定します。

「ページ名」を右クリックして「既定のテンプレートとして設定」をクリックします。

上記の設定をすることで、ページを追加したときに自動的に表が表示されるようになります。

PCとスマホの同期

OneNoteはスマートフォンと同期させることができます。

同期方法は簡単で以下の通りです。

  1. スマホに「OneNote」をインストールする
  2. OneNoteを開く
  3. 冒頭で解説した初期設定時に使用したMicrosoftアカウントでサインインする
  4. 同期完了

簡単にいうと、同じMicrosoftアカウントを使えば同期ができるということです。

同期できればスマホからメモしたものもパソコンに反映されるので便利です。

いさ
いさ
PCとスマホで共有できれば、どこにいてもメモができるし確認することもできます。

まとめ

今回はOneNoteの使い方を解説しました。

他にも印刷や画像挿入なども行えるのでメモをとるならOneNote一択かなと。

本記事が参考になれれば幸いです。

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計20万PV突破しました。