Office

【送信取り消し】Outlookで送信を取り消す方法【条件3つあり】

kyosuke
読者
読者

Outlookで送信したメールを取り消す方法を教えてください・・

このような悩みに答えます。

今回はOutlookで送信を取り消す方法を紹介します。

さっそく本文へいきましょう。

本記事の内容
  • Outlookで送信したメールを取り消す方法
  • Outlookで誤送信を防ぐ設定2つ
本記事を書いている人
kyosuke
kyosuke
isacomputer運営者
Profile
Microsoftサポート ➜ ブロガー ➜ isacomputer(最高月29万PV / 累計200万PV突破)を運営 ➜ VALORANTイモータル2 ➜ お問い合わせはContactからお願いします
プロフィールを読む
スポンサーリンク

Outlookで送信したメールを取り消す方法

Outlookは、送信したメールを取り消す機能があります。

しかし、使うには条件が3つあります。

Outlookの取り消し機能を使うための条件3つ

  1. 法人向けMicrosoft 365であること
  2. 同じ組織内(会社)でMicrosoft Exchangeであること
  3. 相手が未読であること

正直、難しい条件ですよね。

つまり、Outlookを個人で利用されている方は、取り消す機能が使えません。

kyosuke
kyosuke

会社で利用している場合も、顧客や取引先への誤送信は取り消すことはできません。

3つの条件を満たせる方は、以下の操作で送信メールを取り消せます。

Outlookで送信したメールを取り消す方法

「送信済みアイテム」から取り消したいメールをダブルクリック
「アクション」から「メッセージの取り消し」をクリック
「未読ならば、受信トレイから削除する」を選択して「OK」をクリック
kyosuke
kyosuke

削除して別のメッセージに置き換えることもできます。

Outlookで誤送信を防ぐ設定2つ

誤送信したメールを取り消すには、難しい条件をクリアしなければなりません。

そこで、「〇分後に送信する」という設定をしておけば、誤送信を防げる可能性があります。

  1. 仕分けルールから設定
  2. オプションから設定

今回は2つの設定方法を紹介します。

kyosuke
kyosuke

どちらかの設定をしておけばOKです。

①:仕分けルールから設定する

「ルール」から「仕分けルールと通知の管理」をクリック
「新しい仕分けルール」をクリック
「送信メッセージにルールを適用する」を選択して「次へ」をクリック
そのまま「次へ」をクリック
「はい」をクリック
「指定した時間分後に配信する」を選択して「指定した時間」をクリック、配信時間を設定して「OK」をクリック

今回は3分に設定します。

「完了」をクリック
「適用」→「OK」の順にクリック
kyosuke
kyosuke

以上で設定完了です。送信ボタンをクリックすると、3分後に送信されるようになります。

②:オプションから設定する

Outlook画面左上の「ファイル」から「オプション」をクリック
「詳細設定」の「接続したら直ちに送信する」のチェックを外して「送受信」をクリック
「次の時間ごとに自動的に送受信を実行する」にチェックを入れて時間を設定、「閉じる」をクリック

今回は30分で設定します。

Outlookを再起動
kyosuke
kyosuke

以上で設定完了です。Outlookが30分後に自動で送受信してくれます。

まとめ:誤送信を防ぐ設定をしましょう

今回はOutlookで送信を取り消す方法を解説しました。

送信を取り消す機能を使うための条件を満たすのは難しいので、誤送信を防ぐ設定をしておくと安心でしょう。

今回は以上です。

Outlook

Outlookスタートガイドを作りました!

Outlookの設定・使い方・トラブルの解決策をまとめています。

Outlookで悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
ABOUT ME
kyosuke
kyosuke
isacomputer運営者
Microsoftサポート ➜ ブロガー ➜ isacomputer(最高月29万PV / 累計200万PV突破)を運営 ➜ VALORANTイモータル2 ➜ お問い合わせはContactからお願いします
記事URLをコピーしました