OFFICE

Outlook送信を取り消す方法を解説【3つの条件があります】

困っている人
困っている人
本文内容を誤って送信してしまいました。取り消すことはできますか?あと、すぐにメールが送信されないように設定することはできますか?
いさ
いさ
できます!しかし取り消すには条件があるので本記事で詳しく解説しますね。

Outlookで送信したメールを取り消すには、いくつか条件があります。条件を揃えるのが難しい場合でも、誤送信を防ぐ設定をしておけば安心です。

今回は送信したメールを取り消す方法と誤送信を防ぐ2つの設定を紹介します。

送信したメールを取り消す方法

Outlookには送信したメールを取り消す機能があります。

本文を修正したい時や添付ファイルを忘れてしまった時などに便利な機能です。

しかし、取り消す機能を使うには条件があります。

取り消す機能が使える条件

取り消す機能は、以下の条件をクリアする必要があります。

  1. 法人向けMicrosoft 365の製品を使用している
  2. 自分と相手が同じ組織内で、Microsoft Exchangeアカウントを使用している
  3. 相手がまだ未読の場合

もう少し噛み砕いて説明します。

①法人向けMicrosoft 365の製品を使用している

Officeには大きく分けて家庭向けOffice一般法人向けOfficeの2種類があります。

いさ
いさ
大企業向けの製品もあります。

家庭向けOffice

  • Microsoft 365 Personal
  • Microsoft Office Personal 2019
  • Microsoft Office Home & Business 2019
  • Microsoft Office Home & Business Premium

一般法人向けOffice

  • Microsoft 365 Business Basic
  • Microsoft 365 Business Standard
  • Microsoft 365 Business Premium
  • Microsoft 365 Apps for business

取り消し機能を使うためには、法人向けOfficeである必要があります。

②自分と相手が同じ組織内で、Microsoft Exchangeアカウントを使用している

Microsoft Exchangeアカウントとは、「Exchange server」というものを使用している学校や職場のメールアカウントになります。

取り消す機能を使うためには、自分も相手も同じ組織でMicrosoft Exchangeアカウントを使用する必要があります。

メールアカウントの種類を確認するには「ファイル」から「アカウント設定」と進みます。

③相手がまだ未読の場合

相手が未読の場合に限り、取り消す機能が使えます。

相手がメールを確認していた場合は取り消すことができません。

取り消しが失敗した時は、以下の内容のメールが届きます。

いさ
いさ
取り消しが成功した際もメールで知らせてくれます。相手には何も届きません。

取り消す際の操作手順

①「送信済みアイテム」から取り消したいメールをダブルクリックします。

②「アクション」から「メッセージの取り消し」をクリックします。

③「未読ならば、受信トレイから削除する」を選んで「OK」をクリックします。

いさ
いさ
「未読ならば、削除して別のメッセージに置き換える」を選択して修正した内容を送信することもできます。
スポンサーリンク

誤送信を防ぐ2つの設定

送信を取り消す機能には条件があります。

会社ではなく個人でOfficeを利用している方には難しい条件でしょう。

そこで、誤送信を防ぐためにすぐに送信されない設定にしておくことで本文に誤りがあったときに修正できます。

本記事では以下の2つの設定を紹介します。

①と②を両方設定する必要はなく、どちらかを設定しておけばOKです。

①仕分けルールから○分後に送信する設定

①「ホーム」の「ルール」から「仕分けルールと通知の管理」をクリックします。

②「新しい仕分けルール」をクリックします。

③「送信メッセージにルールを適用する」を選んで「次へ」をクリックします。

④何も選択せずに「次へ」をクリックします。

⑤「はい」をクリックします。

⑥「指定した時間 分後に配信する」を選んで「指定した時間」をクリック、配信時間を設定して「OK」をクリックします。

⑦「完了」をクリックします。

⑧「適用」→「OK」の順にクリックします。

いさ
いさ
「適用」をクリックしないと機能しないので注意です。

上記の設定で以下のような感じになります。

  • メールを送信すると「送信トレイ」に留まる
  • 3分後に送信される (3分以内に修正)

②オプションから送信トレイに留まるよう設定

①「ファイル」から「オプション」をクリックします。

②「詳細設定」の送受信グループ内「接続したら直ちに送信する」のチェックを外して「送受信」をクリックします。

③「次の時間ごとに自動的に送受信を実行する」にチェックを入れて時間を設定します。

いさ
いさ
ここではOutlookが自動で送受信をかけるタイミングを設定できます。30分に設定すると30分後にOutlookが自動で送受信をかけます。

④「OK」をクリックします。

上記の設定で以下のような感じになります。

  • メールを送信すると「送信トレイ」に留まる
  • 30分後に自動的に送信される (手動でいつでも送信可能)

まとめ

今回はOutlookで送信を取り消す方法と誤送信を防ぐ2つの設定を解説しました。

取り消す機能は職場や学校よく使われる機能で法人向け製品とMicrosoft Exchangeアカウントが必要になります。そのため、家庭向けOfficeを利用している方は使えません。

しかし、誤送信を防ぐ設定をしておけば送信をクリックしてしまった後でも修正することは可能です。

本記事が参考になれれば幸いです。

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。