Office

【合計を求める】ExcelのSUM関数の使い方!【初心者向け】

【今だけ】PDF編集ソフト無料!

PDFelementを下記リンクからダウンロードいただくと、新バージョン9の全機能が【7日間無料】PC版の購入で【最大 5500円OFF】【iOS版を無料プレゼント】のキャンペーン中です!

PDFelement無料配布キャンペーンページはこちら

Excel初心者の人
Excel初心者の人
ExcelのSUM関数の使い方がわかりません・・
kyosuke
kyosuke
本記事で詳しく解説します!
本記事の内容
  • SUM関数とは?
  • SUM関数の使い方を解説!
  • SUM関数を使った例2つ
  • 関数で知っておきたいポイント2つ
  • よくある質問2つ
本記事を書いている人
  • isacomputer管理人(@isastart07)
  • 元Microsoftサポート、約2500人のサポート経験あり
  • 本ブログ累計100万PV突破

「SUM関数の使い方がわからない・・」とお悩みではありませんか?

今回は初心者向けにSUM関数の使い方を解説します。

kyosuke
kyosuke
本記事を読めば初心者の方でもSUM関数の使い方をマスターできますよ!

それでは、いきましょう。

SUM関数とは?

SUM関数は、複数の数値の合計を簡単に求められます。

=1+2+3+4+5+6+7

このように合計を普通に求めようとすると式が長くなります。

SUM関数を使うと・・

=SUM(A1:A7)

このように、短い式で合計を求められます。

関数は、式を簡略化してくれるのがポイントです。

では、画像付きで詳しくSUM関数の使い方を解説していきます。

SUM関数の使い方を解説!

本記事では下記の操作を順に解説します。

  1. 入力して計算する
  2. カーソルで範囲選択して計算する
  3. オートSUMでまとめて計算する

自分が操作しやすいと思う方法で計算しましょう。

①:入力して計算する

1.下の画像のように入力します。

=SUM(C3:C9)

2.入力したら「Enter」を押します。

②:カーソルで範囲選択して計算する

1.まず「=SUM( 」まで入力します。

2.カーソルを使って合計を求める範囲を指定します。

kyosuke
kyosuke
左クリック長押しで範囲を選択します。

指定後に「Enter」を押します。

③:オートSUMでまとめて計算する

オートSUMは、ボタン1つで合計を簡単に求めることができます。

1.カーソルで「合計するセル」から「合計を表示させるセル」まで範囲指定します。

kyosuke
kyosuke
今回の場合は、合計を表示させる「C10のセル」まで選択します。

2.「数式」から「Σ」をクリックします。

これで合計が求められます。

こういう時にオートSUMが超便利です。

1.下の画像のように選択します。

2.「数式」から「Σ」をクリックすると、まとめて合計を求められます。

kyosuke
kyosuke
このように複数まとめて合計を出すという場合にオートSUMは便利です。

SUM関数を使った例2つ

SUM関数を使えば、「売り上げ」や「累計売り上げ」を簡単に求めることができます。

一度数式を入力してしまえば、数値を変更しても自動で合計が反映されます。

①:各店舗の半年の売り上げを求める

上の画像のように売り上げを求めることができます。

半年ものデータを短い式で求められるのは嬉しいですよね。

②:累計の売り上げを求める

累計を求めるときは、一番最初の参照セルを「絶対参照」にします。

1.下の画像のように入力します。

=SUM($C$4:C4)

kyosuke
kyosuke
「手入力」か「F4」を押して絶対参照にします。絶対参照になると「$」が付きます。
絶対参照とは

絶対参照は、参照したセルを常に固定させるイメージです。Cの前後に「$」を付けることで絶対参照になります。また「F4」を1回押すことで簡単に絶対参照にできます。

2.オートフィルします。

kyosuke
kyosuke
これで累計を求めることができます。
オートフィルとは

オートフィルは、セルのデータを連続して入力することができる機能です。また、関数をコピーしたいときににも使えます。

関数で知っておきたいポイント2つ

これから紹介するポイントを覚えておくと、入力がラクになります。

ポイント①:最後の「 ) 」は入力しなくてもOK

Excelは、最後の「 ) 」を入力しなくてもOKです。

「=SUM(C3:C9 」だけの形で「Enter」を押してもしっかり合計を求められます。

ポイント②:「Tab」を使って「 ( 」を自動入力できる

関数を入力後に「 ( 」を通常通り付けるのはちょっと手間ですよね。

そこで「Tab」が活躍します。

kyosuke
kyosuke
このように「Tab」を使うことで、入力に手間がかかる「 ( 」を自動で挿入することができます。

よくある質問2つ

関数のことでよくある質問2つに答えました。

Q1:計算結果が「0」になってしまうのですが原因は何でしょうか?

A:合計を出すセルまで参照されている可能性があります。

上の画像の場合、正しい式は下記のとおりです。

=SUM(B3:B9)

こういうところは上級者の方でもやってしまうミスなので確認してみましょう。

Q2:エラーマークが表示されましたが、これは・・?

A:エラーインジケーターと言います。

数式が隣接したセルを参照していない時に表示されるもので、累計などを求めた時に出てきますが、気にしなくてOKです。

kyosuke
kyosuke
Excelが「エラーかもよ!」って表示してるイメージです。

ちなみに下記の操作で非表示にすることもできます。

まとめ:SUM関数で合計を簡単に求めよう!

今回は初心者向けにSUM関数の使い方を解説しました。

合計を出したいときはSUM関数を使って簡単に求めましょう!

それでは、今回は以上です。

【今だけ】PDF編集ソフト無料!

PDFelementを下記リンクからダウンロードいただくと、新バージョン9の全機能が【7日間無料】PC版の購入で【最大 5500円OFF】【iOS版を無料プレゼント】のキャンペーン中です!

PDFelement無料配布キャンペーンページはこちら

ABOUT ME
kyosuke
24歳ブロガーです ➡ パソコン関連の記事を初心者の方向けに書いています ➡ おかげさまで本ブログ累計100万PV突破しました!➡ お仕事のご依頼等はお問い合わせからお願いします。