OFFICE

Outlook自動転送の設定方法を解説【常に起動させる必要あり】

困っている人
困っている人
Outlookで自動転送の設定方法を教えてください。パソコンに特定の人からきたメールをスマホへ転送させたりしたいです。
いさ
いさ
本記事で詳しく解説します!

Outlookでは自動転送という便利な機能がありますが、Outlookを常に起動させておく必要があります。

今回は元パソコンサポート担当の僕が、自動転送の設定方法紹介します。

自動転送の設定方法

各シナリオごとに解説します。

受信したメールを転送する

手順①:「ホーム」の「ルール」から「仕分けルールと通知の管理」をクリック

手順②:「新しい仕分けルール」をクリック

手順③:「受信メッセージにルールを適用する」を選択して「次へ」をクリック

手順④:「次へ」をクリック

手順⑤:「OK」をクリック

手順⑥:「名前/パブリックグループへ転送する」を選択して下の「名前/パブリックグループ」をクリック

手順⑦:転送先のメールアドレスを指定して「OK」をクリック

手順⑧:「完了」をクリック

手順⑨:「適用」→「OK」の順番でクリック

特定のメールが受信したら転送する

手順①:「手順①~③」を行います。

手順②:「差出人が名前/パブリックグループの場合」を選択して下の「名前/パブリックグループ」をクリック

よく使われる条件は以下のとおりです。

  • 「差出人」が名前/パブリックグループの場合
  • 「件名」に特定の文字が含まれる場合
  • 本文に特定の文字が含まれる場合
  • 分類項目が(分類項目)の場合

手順③:転送する差出人を指定して「OK」をクリック

手順④:「次へ」をクリック

手順⑤:「手順⑥」から行う

スポンサーリンク

Outlook自動転送の注意点

注意点を2つ紹介します。

注意点①:Outlookを常に起動させておく必要がある

自動転送の機能を使うにはOutlookを常に起動させておく必要があります。

そのためパソコンをシャットダウンしていたりOutlookを起動していない場合は自動転送が行えないので注意です。

Outlookが起動していなくても自動転送させたい方はご利用のプロバイダーへ相談してみましょう。

いさ
いさ
プロバイダーであればサーバー上で自動転送が行える可能性があります。

注意点②:仕分けルールのバックアップをとる方法は通常と異なる

Outlookは受信トレイや連絡先などデータのバックアップがとれますが、自動転送の設定に使用した仕分けルールのバックアップは操作方法が異なります。

Outlookのバックアップについては「Outlookのバックアップをとる方法を解説【データによって操作が異なります】」で解説しています。

Outlookのバックアップをとる方法を解説【データによって操作が異なります】受信トレイや送信済みアイテム、連絡先などのバックアップをとる場合と仕分けルールや署名のバックアップをとる場合で操作方法が異なります。今回は元Microsoftサポートの僕が、Outlookのバックアップをとる方法を解説します。...

まとめ

今回は自動転送の設定方法について解説しました。

Outlookで自動転送を行うには常にOutlookを起動しなければいけないという条件があるということを忘れないでください。

常にOutlookを起動しておくのが難しい場合はプロバイダーへお問い合わせしてみましょう。サーバー側で自動転送が行えるところもあります。

本記事が参考になれれば幸いです。

パソコンやOfficeを詳しく学びたい方はパソコン教室がおすすめです。「【初心者でも安心】おすすめのパソコン教室【KENスクール】でパソコン教室を紹介しています。

【初心者でも安心】おすすめのパソコン教室【KENスクール】今回は初心者でも安心のパソコン教室KENスクールを紹介します。個別指導でサポートしてくれるため、初心者の方や未経験の方でも安心して学習することができます。...
ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。