PC周辺機器

【ゲーミングマウス】Sensei Ten レビュー【GPROと比較】

迷ってる人
迷ってる人
ゲーミングマウスの「Sensei Ten」を購入しようか迷っているのですが、実際「Sensei Ten」はどうなんでしょうか?
いさ
いさ
本記事で「Sensei Ten」をレビューします!

こんにちは!ゲーム大好き歴13年のいさです。

今回は「SteelSeries Sensei Ten 62527」のレビュー記事になります。

僕はApexやVALORANTで「Sensei」を使っているのですが、これがなかなか良いゲーミングマウスなので読者さんに共有します。

いさ
いさ
一人で楽しんでます。フレンド募集中です(´;ω;`)

そして「Senseiシリーズ」を使って7年以上は経っているので、それなりに良い点悪い点を紹介できると思います。

それでは、見ていきましょう!3分程度で読み終わると思います。

SteelSeries Sensei Ten 62527レビュー

一言で言うと下記のとおりです。

Sensei Ten 62527:重量感、クリック感のあるゲーミングマウスが好きな方に向いています

詳しく見ていきます。

触り心地はかなり良い

正直、触り心地は最高ですね。

  • 高級感
  • 滑らない
  • 持ちやすい
  • サラサラしてる

上記のとおりです。

クセになる触り心地で使っていて気持ちが良いです。

クリックが重い

他のゲーミングマウスと比べると少しクリック感が強め(重い)です。

僕はクリックが重めの方が好きなのですが、「クリックは軽い方がいい!」という方には合わないと思います。

クリックが重めなので、長時間作業になるとちょっと手に疲労感が残りますね。

左右対称型がありがたい

「Sensei Ten 62527」は左右対称型なので、どんな持ち方でもフィットします。

FPSとかプレイしているといろいろな持ち方を試したくなるときがあるのですが、右手専用のマウスだとある程度持ち方が限定されるんですよね。

自分に合った持ち方を探すには左右対称型の「Sensei Ten 62527」がベストです。

SteelSeriesのマウスパッドと相性が良い

「Sensei Ten 62527」は「SteelSeriesマウスパッド」と相性抜群です。

いさ
いさ
同じメーカーなので当たり前ですね(;’∀’

「Sensei Ten 62527i」は「SteelSeriesマウスパッド」とセットで使う人がほとんどです。僕の場合は、基本的に同じメーカーで揃えたいというのもあります。

少し汚れが目立つ

上の画像を何枚か見ていると少しほこりが写っていますよね。

黒いデザインということもありますが、ほこりなどの汚れは少し目立ちます。拭いても数分後には元通りって感じです。

いさ
いさ
僕の環境が原因かもしれません・・。

今話題の「GPRO」と比較

大きな違いは下記のとおりです。

  • Sensei Ten 62527:重量があってクリックも重い
  • GPRO:とても軽量でクリックも軽い

「ずっしりとしたマウスが好きな方」と「めっちゃ軽いマウスが好きな方」で分かれますね。本当に人によって異なります。

いさ
いさ
GPROは本当に軽くてびっくりしました。手の負担は減りそうですが、AIMが難しそうなのと重めのマウスが好きな僕は「Sensei」一択です!

まとめ

今回は「SteelSeries Sensei Ten 62527」のレビューでした。

こんな人におすすめ!

Sensei Ten 62527」は重量感があってクリックも重めが好きな方に向いています。僕は3年以上使っていますが壊ていないので耐久性も問題なしです。

そしてゲーミングマウスときたらゲーミングキーボードですね。

【ゲーミングキーボード】ROCCAT VULCAN 122 AIMOレビュー」の記事で僕が今使っているゲーミングキーボードのレビューをしています。気になる方は是非。

【ゲーミングキーボード】ROCCAT VULCAN 122 AIMOレビュー今回はゲーミングキーボードROCCAT VULCAN 122 AIMOのレビューです。結論、発色が綺麗でおしゃれなゲーミングキーボードです。Amazonでも評価が高いゲーミングキーボードで、今人気なゲーミングキーボードの1つです。...

本記事が参考になれれば幸いです。


SteelSeries ゲーミングマウス Sensei Ten 62527 【国内正規品1年保証】


【国内正規品】SteelSeries QcK マウスパッド 63004

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計7万PV突破しました。