PC周辺機器

【ゲーミングキーボード】ROCCAT VULCAN 122 AIMOレビュー

こんにちは!ゲーム大好き歴13年いさです。

今回はゲーミングキーボードROCCAT VULCAN 122 AIMOのレビューです。

結論、発色が綺麗でおしゃれなゲーミングキーボードです。赤軸相当のスイッチのためスムーズに入力出来て手への負担も少ないです。

Amazonでも評価が高いゲーミングキーボードで、今人気なゲーミングキーボードの1つです。

本記事で外観や機能などを詳しく紹介します。

ROCCAT VULCAN 122 AIMOとは?

ROCCAT VULCAN 122 AIMOは、ROCCAT(ロキャット)が提供しているメカニカルゲーミングキーボードです。

高性能な機能でゲームプレイに向いているキーボードになります。

いさ
いさ
ゲームの世界で最も有名なメーカーです。

ROCCAT VULCAN 122 AIMO詳細

メーカー ROCCAT
寸法 幅462x奥行235x高さ32~42mm
重量 1.15 kg
カラー ブラック、ホワイト、シルバー
価格 ¥16,980

ROCCAT VULCAN 122 AIMOの特徴

Titan Speedスイッチ

赤軸相当のキー軸です。

特に速いキーストロークを好むゲーマー向けに開発されました。

いさ
いさ
キーストロークとは、キートップが沈み込む深さ、沈み込む動きのことを指します。

高耐久設計

防塵性があるので長年使用してもパフォーマンスが低下しません。

耐久性が求められるゲーミングキーボードには嬉しい設計です。

低遅延チューニング

高品質な導電性の素材が採用されているため、機械的な跳ね返りが低く30%高速に処理できます。

細かな技術が求められるゲームに向いています。

AIMOイルミネーションエンジン搭載

1680万色に対応していてカラーの設定が自由です。

透明なスイッチハウジングと相性が良くとてもどのゲーミングキーボードよりも綺麗です。

ROCCAT VULCAN 122 AIMOのレビュー

ROCCAT VULCAN 122 AIMOを詳しく紹介していきます。

外観

中にはキーボードの他に説明書とロゴシールが入っています。

ゲーミングキーボード

スイッチハウジングが透明なのでより色が綺麗に見えます。

ROCCAT VULCAN 122 AIMOの右上では音調整が可能、スピーカーミュートボタンもあります。

いさ
いさ
発色とデザインが本当に素晴らしいです。

押し心地

赤軸に近いキー軸で軽いタッチでスラスラ入力できます。

タッチ音もすごく静かで静音を好むゲーマーにおすすめです。

いさ
いさ
軽い力で入力できるので負担も少ないのが嬉しいです。

機能

パソコンに接続するとROCCAT Swarmがインストールされます。

ROCCAT Swarmでキー割り当てやカラーを自分好みにカスタマイズすることができます。

またプリセットを何個も作れるためいろいろな設定パターンを作ることも可能です。

ROCCAT VULCAN 122 AIMOの長所

僕が感じた長所をまとめました。

長所①:軽い力で押せるため手に負担がかからない

ROCCATが開発した「Titan Speedスイッチ」は赤軸のように軽い力でストンと押せるので長時間の作業もまったく疲れません。

長所②:タクタイルでシャープなデザインがかっこいい

ROCCAT VULCAN 122 AIMOは見た目がとてもかっこいいですね。

本体は銀色でキーが白色というデザインがとてもおしゃれです。

いさ
いさ
個人的にデザイン性はどのゲーミングキーボードよりも好きです。

長所③:カラーが綺麗

綺麗な発色で使っていてとても気持ちがいいです。

AIMOインテリジェントライティングシステムというもので画像のように押したところが光るのもおしゃれです。

他にも以下のカラー設定があります。

  • ウェーブ
  • スネーク
  • 常時点灯
  • ハートビート2.0
  • ブレス2.0
  • フェード効果
  • リップ効果
  • カスタムモード
いさ
いさ
カスタムモードでFPSでよく使う「WADS」だけを光らせるということも可能です。

長所④:手入れが楽にできる

キーの間隔が広いため、ほこり取りや除菌シートなどで簡単に手入れができます。

通常のゲーミングキーボードの場合はキーの奥まで掃除するにはキーを外す必要がありますが、ROCCAT VULCAN 122 AIMOは外さずに済みます。

またパソコン周辺機器の掃除については「【パソコン周りを清掃】おすすめのパソコン掃除グッズを紹介【5選】」で解説しています。

https://isa-computer.com/pc-souzi/

ROCCAT VULCAN 122 AIMOの短所

素晴らしいゲーミングキーボードですが、短所もあります。

短所①:入力中に指が引っかかることがある

キーとキーの間隔が広いので入力中に指が引っかかることがあります。

掃除がしやすいメリットはありますが、入力する際はキーの位置に慣れる必要があるかもです。

短所②:他パソコンへマクロ設定を引き継げない

「パソコン1」でマクロの設定をしても「パソコン2」へマクロの設定を引き継ぐことができません。

そのため複数台で使用する際は各パソコンで設定する必要があります。

口コミ

良い口コミと悪い口コミ両方をまとめました。

良い口コミ

  • 所有感が満たされる。
  • 他社に比べてバックライトの発色が非常に綺麗。
  • プロファイル切り替えを行わずに通常モードとゲームモードを切り替えることができる。
  • ゴミの掃除がしやすい。
  • ゲーム用途としては、Wキーにもホームポジションの印が付いているのでキートップを変えずともブラインドでポジションを取りやすく、良いと思います。

悪い口コミ

  • キーを打鍵する際に妙に押し下げに引っかかりを感じる時があります。
  • スピーカーミュートボタンはありますが、どちらかと言うとマイクミュート機能が欲しかったかも。
  • マクロ可能キーが限定されている。
いさ
いさ
たしかにマイクミュートボタンも欲しかったですね。

まとめ

今回はゲーミングキーボードROCCAT VULCAN 122 AIMOをレビューしました。

総合的にまとめると以下のとおりです。

  • 発色が良くデザインがかっこいい
  • 静音で軽いタッチなので負担が少ない
  • 掃除がすごい楽
  • マイクミュートボタンもあると嬉しかった

個人的に今まで購入したゲーミングキーボードの中で一番良い買い物をしたなと感じました。これからも愛用していこうと思います。

本記事が参考になれれば幸いです。

ROCCAT VULCAN 122 AIMOはこちら

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計20万PV突破しました。