OFFICE

【初心者向け】Outlook添付ファイルの送信方法【注意点あり】

困っている人
困っている人
Outlookで添付ファイルの送信方法を教えてほしいです。うまく送信できなくて・・。
いさ
いさ
いくつか注意点もあるので、本記事で詳しく解説します!

今回は初心者向けに、Outlook添付ファイルの送信方法を紹介します。

Outlook添付ファイルの送信方法

添付ファイルは大きく分けて2つの送信方法があります。

どちらも覚えておくと困らないでしょう。

一般的な添付ファイル送信方法

1.「メッセージ」から「ファイルの添付」と進み「このPCを参照」をクリック

「挿入」からでも行けます。

いさ
いさ
事前にファイルを開いていれば「最近使ったアイテム」一覧にファイルが表示されるので、それをクリックしてもOKです。

2.ファイルを選択して「挿入」をクリック

3.「送信」をクリック

複数ファイルを送信する場合は、手順1から同じ操作をします。

画像のサイズを小さくして送信する方法

1.画像を複数選択して右クリック

2.「送る」から「メール受信者」をクリック

3.ピクチャのサイズ「小」を選択して「添付」をクリック

4.「宛先」を入力して「送信」をクリック

いさ
いさ
件名と本文は自動的に入力されたものです。修正することもできますし、不要であれば削除しても大丈夫です。
スポンサーリンク

添付ファイル送信時の注意点

送信前に以下の注意点を確認しましょう。

注意点①:一度に送信できる容量が決まっている

Outlookは一度に送信できる容量が決まっています。

  • Outlook 20MBまで
  • Outlook.com 25MBまで

サイズが大きいファイルを添付しようとするとOutlookが固まってしまったり、以下のメッセージが表示されます。

この場合はファイルサイズを小さくするか、ファイルを分けて送信しましょう。

注意点②:相手に迷惑をかけてしまう

添付ファイルのサイズが大きければ大きいほど相手に負担をかけてしまいます。

  • Outlookが固まってしまう (応答なしになる)
  • 受信に時間がかかる
  • あまりに大きいと受信されない
  • ファイルを開くのに時間がかかる など
いさ
いさ
自分のパソコンが大丈夫でも相手のパソコンで問題が起こる可能性があります。

添付ファイルのサイズは2MB以内にするのが一般的です。

多少の前後は問題ありませんが、10MBに近いサイズの場合は相手に迷惑をかけてしまう可能性があるので、ファイルを分けて送信するか事前に相手に問題ないか確認しましょう。

サイズの確認方法

ファイルを右クリックして「プロパティ」をクリックすることで確認できます。

添付ファイルが送信できない場合はファイルサイズを確認してみましょう。

いさ
いさ
添付ファイルのサイズは小さければ小さいほど良いです!

まとめ

本記事の大切なポイントをまとめると以下のとおりです。

  • 一度に送信できる容量は20MBまで
  • 添付ファイルのサイズは2MB前後がベスト
  • 添付ファイルのサイズは小さければ小さいほど良い

基本的にどんなファイルでも添付することができます。

その中でも特にサイズが大きくなってしまいがちなのが以下のものです。

  • ビデオ
  • デジカメの写真
  • PPTXファイル (PowerPoint)

これらは結構サイズが大きいので要確認です。

本記事が参考になれれば幸いです。

ABOUT ME
いさ
元Microsoftサポートで現ブロガー。パソコン関連や生活に役立つ情報を共有、趣味を書いているブログ大好き人間です。おかげさまでブログ累計20万PV突破しました。